住宅塗装はサービス業

2015年7月29日 at 2:55 PM

<アステックペイント定期発行物ホットラインの一部抜粋>

以前から、“リフォーム業はサービス業”と言われ続けてきた。
住宅塗装もリフォーム業の一つであるならば、
当然「住宅塗装はサービス業」であると再認識する必要がある。
しかし現実は、まだまだ住宅塗装を塗装工事業の延長として考え、
行動している会社が多いように思う。
住宅塗装における工事業とサービス業の違いを考えてみたい。
塗装工事業における職人の役割では、スキルを向上させ、
仕事のスピードを上げることが重要視されると思う。
その中で社長や番頭の意向を汲み、工期を早めたり、
原価削減の手助けができれば、高い評価がもらえるであろう。
礼儀や挨拶はできた方が良いが、評価の対象とはならない。
一方で、サービス業における職人の役割は全く変わってくる。
あまりにも施工スピードが早すぎると、お客様は不安になる。
職人として匠の技術を披露しても、お客様から評価されることはないし、
当然単価にも影響しない。
綺麗な仕上りにこだわるよりも、しっかりと挨拶をすることや、
連絡・相談ができる職人の方が遙かに評価される。
ビジネスとは、顧客満足の上に成り立つ。
そう考えると、顧客満足を追求するために、
住宅塗装をサービス業として捉えるべきではないだろうか。
しかし多くの会社は工事業の思考で仕事をしている。
それはつまり、顧客満足ではなく、自己満足で仕事をしていることと同じである。
単価400円のファーストフードでも、
当たり前に統一ユニフォームを着ているのがサービス業である。
お客様は統一ユニフォームに安心し、清潔感を感じることであろう。
しかし、受注単価が150万円もするうえ、
お客様の敷地内に2週間近く入り、日々接することになる住宅塗装では、
バラバラの服装で、清潔感も全く無い状態が常識となっている。
それは、工事業としての思考だからなのであろう。

今後、住宅塗装も含まれる住宅リフォーム市場が、厳しい時代になることは間違いない。
多くの異業種や大手企業も参入してきている。
顧客満足に応えられない企業が生き残ることは有り得ない。
住宅塗装がサービス業であることの再認識はすべきであろう。

自分自身への投資を見直す

2015年7月18日 at 10:56 AM

今日もタイ和僑会に参加させて頂いた。

今日は、特別講演会でライフネット生命の出口社長の話を聞く機会があった。
久しぶりの講演会の参加となった。
最近、本を読む量も圧倒的に減り、講演会の参加もほぼ無くなり、
旅行もほとんど行くことが無くなった。

すなわち、自分自身への投資が激減していることに気付いた!
ヤバイ!!!すぐ見直そう!!!!!!

11755777_943931589026521_3609137697481235083_n

10154050_943931565693190_5971947725286991939_n

現場品質NO.1

2015年7月17日 at 10:54 AM

タイでは、本社となるトンローオフィスと
工業団地内にあるアマタナコーンオフィスの2つがある。
今回、アマタナコーンオフィスで施工管理者を数名採用し、
現場品質の管理を強化させる。
そして、新たにセールスエンジニアチームを立ち上げ、
診断及び見積積算、工法開発、品質改善等を専門で行うチームを作る。
圧倒的な強いチームを作り、そして職人を巻き込み、
年内には現場品質NO.1に絶対なる。

来年から、バンコク近郊の住宅塗装に参入する。
ついにプロタイムズもタイに参入だ!

11755837_943167232436290_8536665262748515397_n

11751934_943167185769628_1427815564975475473_n