日本経済の未来を考える

2018年8月31日 at 4:56 PM

<2018年8月号アステックペイント定期発行物ホットラインの一部抜粋>

1990年頃、私はアメリカの大学に留学していて、毎年夏休みには数ヶ月間アルバイトをするために日本に帰ってきていた。工事現場の警備員のアルバイトで日給12,000円程もらっていた。朝から夜の残業まですると、2万円近い時もあった。夏休みだけで40万円近い額を貯めることができていて、アメリカに戻った時の生活費の足しにしていたことをよく覚えている。
あの頃から30年近く経った今、大学生が夏休みのアルバイトで同じだけの日給を稼ぐのは難しいのではないだろうか。30年経っても、全く賃金が上がっていない(むしろ下がっている)というのは、先進国では異常な事態と言えるだろう。

こうした状況は、1997年をピークに20年以上もマイナス傾向が続く実質賃金(物価の影響を除いた賃金)の統計数値を見ても明らかである。この数値だけを見れば、日本の貧困化が進行しているとも表現できるかもしれない。

だが一方で、日本の自動車メーカーは世界で伸び続け、電機メーカーのソニーやパナソニックも家電・半導体・スマホなどの売上低迷から一時期は業績を大幅に落としていたが、今や過去最高の業績を上げている。
その他にも、あまり表立って名前は聞かないかもしれないが、多くの電機産業の企業が最高益を出している。
その背景には、アメリカ・中国・韓国・台湾・ヨーロッパのデジタル分野の産業において、国際分業体制の一部として、日本はデジタル機器の素材、周辺技術や基盤技術の分野で他国では真似ができない技術を作り上げ、オンリーワンのポジションを作り上げてきたことがある。

上場企業の収益を見ると、2018年3月期決算で純利益約29兆円、対GDP比率11. 9%と、バブル期を超える数値となっている。
安定成長期終焉後の低迷期を指して“失われた20年”と言うが、この20年は日本企業がビジネスモデルを転換するために必要な時間だったとは考えられないだろうか。そして、その一つの結果として、日本企業がデジタル分野での国際分業の中における新しいビジネスモデルの構築に成功したということではないだろうか。

人口減、国内市場の縮小、ガラパゴス経済など色々と言われている日本であるが、世界の国土面積の0.25%、人口の割合は1.7%程でありながら、国際分業の中でオンリーワンの分野を確立できていると考えれば、真に明るい未来を想像することもできると思う。

日本経済の未来を悲観する必要がないとなれば、自らの事業をもっと発展させていくためのエネルギーもわいてくる。事業の未来と時流を見極めながら、さらに奮闘していきたいと思っている。

数週間ぶりのバンコク出勤

2018年8月24日 at 3:18 PM

今朝、バンコクに戻ってきた。少し仮眠を取り、午後から出勤。社員の給与振込処理を終えてから、アマナタコーン事務所に移動。

実はアマナタコーン事務所は一ヶ月前より引越しを行なっていた。塗装会社としてはデカ過ぎる1200平米の大きさの倉庫兼事務所を借り、内部をリノベの最中であった。ようやく完成間近だが、やり直しが多数見つかった。

今までも何度もやり直しをしてきたが、数週間日本を離れているうちに、やっぱり色々やり直しが沢山出てきた。まぁ、こんなことも慣れてきたので、あまり感情的にはならなくなってきた!!

40020449_2009849549101381_3591677692749021184_n

39979095_2009844412435228_2173530086324568064_n

39929250_2009844462435223_6789655361474265088_n

39992248_2009844472435222_5430135201101512704_n
39945298_2009844519101884_7702865846414082048_n

39979422_2009844529101883_3978852347190181888_n

39997221_2009844592435210_2420416338485837824_n

40029795_2009844599101876_6565827276896731136_n

40075838_2009844652435204_1502135687602765824_n

39985628_2009844669101869_3951526854719963136_n

39945374_2009844699101866_8122784395217076224_n

プロタイムズ加盟店訪問

2018年8月23日 at 6:08 AM

今週は東京、埼玉、茨城、群馬のプロタイムズ加盟店訪問をさせて頂いている。

そして昨晩は金井社長と奥様と一緒に食事させて頂いた!!金井社長とはおそらく10年以上の付き合いとなり、お互い多くの苦労を重ねて来た!!実は金井社長と奥様と私は、同じ歳である。昭和45年生まれ三人組のショット!

お互い歳をとったな、と思いつつ、美味しいお酒を頂いた!!それにしても、私はまた真っ黒になってきた!!

39951656_2007484502671219_7431787782936199168_n