大分に訪問!

2016年3月30日 at 10:07 AM

今日は、大分県の宇佐市に訪問!
30歳そこそこからの付き合い。
今やお互い45歳になり、まだ商売が繋がっている。
これからも切れることがない関係でやっていきたい!!!
商売で、長く続くことに勝る価値はぜったーーーいない!!!

12294683_1097719813647697_5799418099756520645_n

競争のない世界で戦うこと

2016年3月28日 at 4:59 PM

<アステックペイント定期発行物ホットラインの一部抜粋>

創業以来、様々な実践や経験を積んでいく中で、意識して守り続けてきたことがある。
それは、「競争のない世界で戦う」ということである。

15年前のアステックペイントジャパンの創業も、
ECシリーズという全く他社と競合しない商品があると知ったことがきっかけだった。
そして日本国内で塗料の販売を考えたときに、当時はまだ塗料業界では
主流でなかった「住宅リフォーム市場の塗り替え用塗料」に着目し、
塗り替えに必要な塗料のラインナップおよび販売に必要な資料などを充実させていった。
大手塗料メーカーがまだ住宅リフォーム市場に力を入れていない時代であったので、
今振り返ってもとても良い選択だったと思っている。
そして現在、タイでアステックペイントを広げている。
着目したのは日系企業向けの工場の塗装であった。
結果、着実に成長しつつある。
成功の最も大きな要因は「競争のない世界で戦えている」ことに尽きると思う。

この戦い方をマーケティング用語ではブルーオーシャン戦略と言うのであろう。
中小企業、弱小零細企業 が、「マーケットが大きいから」「他が儲かっているから」と
安易に競争がある世界に勝負を挑むと、
最初は良くても、結局は大手や専門業者に負けてしまうことになる。

競争のない世界で戦うにあたっては、
競争のない世界を“探す”という選択肢もあるが、
競争のない世界を“作る”という考え方もある。
市場の魅力や大きさだけではなく、
商品力や売り方などで差別化を行なえば、
競争のない世界を作ることが可能である。

アステックペイントの商品、EC-5000PCM(IR)の事例で考えると、
住宅塗装には“防水”という概念が重要であるという考え方を
施主様に共感してもらえれば、
競争のない世界で戦うことができる。
なぜなら他にEC-5000PCM(IR)を超える防水塗料が存在していないからである。
仮に“耐候性”という概念で提案すると、
無機やフッ素など多数の塗料が競合対象となるため、
完全に競争の世界に入り込み、
その結果、価格競争という絶対に避けなければならない状況に陥ってしまうであろう。
しかし中には「どうしても予算が合わない」という顧客層も存在する。
その顧客層に対して一般シリコン塗料を提案しても、
競争が最も激化している市場で戦うことになる。
そこでシリコン塗料の価格領域内に抑えながら、
圧倒的な低汚染性と耐候性を持つ塗料を提案することで、
競争のない世界に誘導することもできると思う。
アステックペイントの商品で考えると、超低汚染リファインが、
競争のない世界へ誘導する商材と言えるであろう。

改めて、市場、商品、売り方、あらゆる側面で「競争のない世界で戦う」という考え方は
とても重要であると最近つくづく感じている。

社員の結婚式に参加!

2016年3月26日 at 12:43 PM

本日は、社員の結婚式に参加させて頂いた。
そしてスピーチを仰せつかった。
過去に何度となく失敗した結婚式でのスピーチ。
概ね2勝8敗であろう。
スピーチを失敗した後の残りの2時間ほど、苦痛な時間はない。
豪勢な食事もお酒も全く喉が通らない。
今日は無難ながらも何とかスピーチを無事こなせた。
結婚式のスピーチは無難が100点満点と今更気付いた日であった。
平木さん、おめでとう!そして気付きをありがとう!

12670678_1093957337357278_6822941064483415161_n

12919861_1093957354023943_3770091850069580185_n