マーク社長来日

2015年8月31日 at 5:01 PM

<アステックペイント定期発行物ホットラインの一部抜粋>

マーク社長は、私の恩人であり、兄であり、生涯のパートナーである。
私が26歳の頃、住宅建材商社の駐在員としてオーストラリアで働いている時に、
当時はまだ発展途上であったアステックペイントの名前を現地で聞き、
興味を持ち、私から訪問したのがはじまりである。
まだ小さな事務所であったが、マーク社長の塗料に対する情熱に圧倒され、
塗料に関わったことの無い私が、そのまま塗料業界に生涯を掛けるようになったのは、
間違いなくマーク社長との出会いがあったからである。

私が30歳の時に独立し、福岡で創業する際にも、多大な支援をしてもらった。
何も無い若造に、日本の総代理店の権利を譲ってくれた。
そして、それから約20年、どんな苦境に陥ってもサポートをし続けてくれた。
私が自信を持って言えるのは、お互い何があっても
絶対に揺るがない信頼関係がある、ということである。
生きている中で、このような人間関係を築けたのは、本当に幸せなことだと思う。

今回の来日で、マーク社長はEC-2000Fの改良版試作品を日本に持ってきた。
EC-2000DGからEC-2000F に変更し、性能は大幅にバージョンアップしたが、
白濁がしやすい等、以前には無かった問題が聞こえ始めたため、
その最終改良版の確認のための来日であった。
改良版のEC-2000F では、不具合の改良だけではなく、
他の多くの機能も向上させてきている。
20年以上前に生まれたEC-2000 という塗料を
今でも改良し続けているその執念と努力は、本当に凄いことだと思う。

マーク社長の信念に、「建物は柔らかい塗料でないと守れない」という考えがある。
私も今となっては理解できるようになった。
そして、もう1 つ判っていることは、柔らかい塗料は技術的に難しく、
世界中の塗料メーカーも技術開発を諦めている傾向がある、ということである。
日本でも、弾性塗料の技術開発は10年以上進化していない。
防水形複層塗材も同じく進化は止まっている。
そのような中、世界で唯一「柔らかい塗料」を進化させ続けるマーク社長を尊敬しているし、
この塗料を日本中に広めていきたい、と常に思っている。
「建物は柔らかい塗料でないと守れない」という、新しい概念のようで当たり前のことを、
信念をもってやり続けるマーク社長と、死ぬまで一緒に仕事をやっていきたい。

台風直撃!

2015年8月25日 at 2:19 PM

只今、福岡に台風直撃中!

自宅マンションから駐車場の車までの距離わずか30m程でありながら、
傘を壊し、朝から身体中がびしょ濡れとなった。
福岡市内のほぼ全ての交通機関も止まり、
多くの社員は自宅待機中となる。
そして、わたしの多くの予定もキャンセルとなった。
やったーーー!!!
今日はゆっくりと、溜まった仕事を片付けよう(^^)(^^)
台風もなかなかいいな!!!!

11960189_969856743100672_7924078186087560368_n

日本塗装名人社の2015年全国大会

2015年8月23日 at 1:53 PM

本日は、日本塗装名人社の2015年全国大会に参加させて頂いている。
業界で数少ない塗装の全国組織となる。
消費者の利益を徹底的に考え抜き、
使命感をもって業界を真剣に変革していこうとしている。
我々の業界はまだまだ消費者に信用されていない。
消費者から信頼される業界になるために、
私が出来ることは精一杯関わらさせて頂きながら、
最大限の努力していきたい。

11230110_968481333238213_1926589571778960041_n

11928754_968481589904854_2922533357152147777_n