「事業計画書」の重要性

2016年11月30日 at 1:31 PM

そろそろ2016年のフィニッシュを意識するとともに、2017年の準備を完了させなければ ならない時期である。

2017年の準備とは、「事業計画書」を完成させることである。 多くの塗装店の経営者と接点を持つなかで、難航している会社の共通点を考えてみると、

1.経営者が常に悩んでおり、考えが頻繁にぶれている

2.経営者の頭の中にある方向性が文章化されておらず、社員に全く伝わっていない

3.社員のやるべき仕事が明確になっていないために、いつもバタバタしている 等が挙げられる。

これらの共通点は、「事業計画書」を作るだけですべて解決できると思う。

事業計画書には、当然、売上目標や方針を示すことになるが、重要なのは「経営者も社員も、 全員が納得している数字や言葉になっているか」ということだと思う。

経営者が一人で考えて 作る事業計画書は、どうしても独りよがりの内容になり、まず社員には共感されない。誰も 文句は言わないかもしれないが、自身の想いや願望が入っていない計画書を本気で達成しよう と思う社員は少ないだろう。

当社では、1月から新しい期を迎えることになるが、9月より準備を始め、10月には幹部と 事業計画合宿を行ない、会社や各事業部の方針、そして売 上目標を決定する。

そして、 各事業部の責任者は、事業計画合宿で決定した方針や目標を達成するために、後日、部署内の 全員と徹底的に話し合い、来期の事業計画書が完成することとなる。

事業計画書の作成において重要なことは、「事業計画書に魂が吹き込まれているか」ということ に尽きると思っている。

経営者、幹部、全部員で議論し合い、全員が納得して出来上がった 事業計画書には魂が吹き込まれる。その結果、全員で目標を達成しようという意識が働く のである。

事業計画書の作成がいかに重要であるかは、言い尽くせないほどである。魂が吹き込まれた事業 計画書がない会社は、是非とも一度チャレンジしていただきたい。

魂の吹き込まれた事業計画書 が出来上がれば、経営者は迷うことが少なくなり、社員も喜んで突っ走るスーパー営業マンに 変わっていく。

そのうえで、経営者自らが暑苦しい程の情熱を放出し続ければ、もはや怖い ものはないだろう。

歴史を知ることは、未来へのモチベーションになる

2016年10月31日 at 11:26 AM

<アステックペイント定期発行物ホットラインの一部抜粋>

私はもともと、大量に本を読むタイプであった。

しかし、日本とバンコクを頻繁に行き来するような生活になってから、

隙間時間に本を読むリズムを上手くつくれず、読む本の量がかなり減ってきている。

その代わりに、スマートフォンでニュースや情報を収集する機会は増えたものの、

やはり幅広いが薄っぺらい情報に偏りがちであることは間違いない。

 

私は、一つのテーマを決めたら、同じテーマの本を何冊も買い込み、

色々な視点から情報を収集し理解するという本の読み方を好んでいる。

ジャンルは、ビジネス関連が多かったが、最近は歴史関連も多くなってきた。

なかでも縄文時代から平安時代辺りの歴史に関する本を好んで読んでいる。

最近になり考古学的に新しい発見があったようで、

私が学生の頃に学んできたこととかなり変わってきている。

本を読みながら、「やはり日本は凄いなあ」と改めて思うのは、

世界最古と言われているものが数多くあることだ。

縄文時代というと竪穴式住居に住んでいるなどの原始的な生活のイメージしかなかったが、

実際には世界でも最も古いと言われている縄文土器は

機能的にも芸術的にも非常に優れていたり、

自然を破壊して人工的に作り上げる農耕ではなく、

自然と共生しながら大きな集団で定住生活するライフスタイルを

世界で唯一作り上げていたりと、私が全く知らなかった文化や生活があったようだ。

縄文時代から平安時代にかけての、言わずと知れた

法隆寺や万葉集、紫式部などを思い浮べてみても、

現在の日本が先進国として位置付けられているように、

昔も進んだ国であったのだと感慨深くなる。

 

そして縄文時代から飛鳥時代ぐらいまでは、まだまだ解明されていない歴史的事実も多い。

邪馬台国の場所などは100年近く議論され続けており、

また、日本人が大切にする神道の起源なども未だよくわかっていないようだ。

こうした歴史的事実を自分なりに考えるだけでも、ワクワクしてくる。

 

ワクワクするような歴史の勉強は、「究極の自分探しの旅」と、

ある歴史学者が言っていたのが、納得であった。

アステックペイントも創業16年となる。考えてみると、たった16年の歴史であっても、

既に忘れ去られてしまった事実も多く、

創業時の想い、困難をどのように乗り越えてきたのか、どのようなきっかけで成長したのか、

誰がどのように貢献したのか、などは全く記録に残っていない。

これから50年、100年企業を目指すうえで、歴史をしっかり残していくことも、

未来の後継者および社員にとって、とても大切なことであり、

歴史を知ることは未来を作っていく

大きなモチベーションにもなるのであろうと実感し始めてきた。

“ 運命的な出会い”を掴めるかどうかが会社の成長を決める

2016年9月30日 at 10:48 AM

<アステックペイント定期発行物ホットラインの一部抜粋>

アステックペイントタイランドを創業し、3年が経過した。

コネクションも土地勘も全くないなか、2013年4月に勢いだけで

私一人バンコクに飛び出し、アステックペイント初の海外拠点を立ち上げることとなった。

会社の登記と事務所探しに始まり、市場調査、社員の採用、

車の購入などをバタバタと行ない、同年の9月より営業をスタートした。

現在、アステックペイントタイランドの社員は15名、職人は20名程。

市内に本社事務所、工業団地内に事務所兼倉庫を構え、法人のOB顧客が60社、

見積り提出済みの法人顧客は300社程となっている。

今後は、工業団地内の事務所兼倉庫を中心に営業展開することになる。

そこで、このたび、大きな事務所兼倉庫に移り、塗料保管場所、足場や機械の保管場所、

作業スペースなどを確保することとなった。

大きな事務所兼倉庫へ移ることで、これから様々な新しい展開が可能となった。

とても幸運な4年目を迎えることができたと思っている。

バンコクでの3年間を振り返っていると、

16年前にアステックペイントを創業した頃のことを思い出す。

アステックペイントタイランドと同じく何もない状態からのスタートであり、

そして同じように創業4年目の頃に倉庫を増床した。

あの時に倉庫を増床していなかったら、今ほどの成長はできなかったかもしれないと思う。

あのタイミングで、たまたま場所が空き、少し早いと思ったけれど、

勇気を振り絞って倉庫を増床したことが、結果的に大成功だった。

そして今回、バンコクの事務所兼倉庫の移転も、

たまたま目の前に倍の大きさの倉庫が建設中であったために、すぐに賃貸契約を行なった。

創業時は、事務所の場所も機能性も関係なく成長できるが、いつか、その成長に限界がくる。

その時に、運命的な出会いによって事務所が見つかることが

会社の成長を決めると言っても過言ではないと思っている。

そして、成長の一端を担うのは、事務所だけではない。

新しい社員との運命的な出会いで会社は大きく変わってくる。

たった一人の社員の入社によって会社が大きく成長したという話はよく聞く。

“運命的な出会い”というチャンスを逃さず掴み取れるか。

成功する経営者になるためには、この辺りの手腕も重要になってくるのだろう。