賃金の対価について考える

2017年10月23日 at 7:09 PM

<2017年10月号アステックペイント定期発行物ホットラインの一部抜粋>

 トヨタ自動車は入社10年目以降の社員を対象に、実際の残業時間に関係なく、
 毎月17万円を残業手当として一律に支給する制度を導入することを決めました。
 これは、主任職の平均で残業手当45時間分にあたり、残業を少なくすればする
 ほどメリットがある仕組みです。残業が45時間を超えた場合、手当は上乗せされます。

先日、トヨタ自動車が残業代保証新制度を導入するという上記ニュースが出ていた。
毎月一律17万円という残業手当の金額にまず驚いたが、この制度導入の根底には、実際に発生しているであろう残業時間分の手当ては最初から出すから、時間という概念ではなく、成果に対する対価としての賃金という考えを持って働いてほしいという意味があるのであろう。実際に働く時間が45時間を下回っても17万円を出すということは、そういうことだと思う。
日本では、賃金とは労働時間に対する対価という考えが未だに強いが、私は、成果に対する対価を支払うというトヨタ自動車の制度は素晴らしいと思う。そして、この制度は、もしかすると、日本のホワイトカラーの生産性が先進国の中で突出して低い現状を改善していくための取り組みの一つなのかもしれないとも感じている。
現在、日本の物価や賃金は、先進国の中ではかなり低い。ヨーロッパやアメリカ、シンガポール、オーストラリア等に行くと、日本の物価は非常に安いと感じるし、賃金も極めて低く抑えられている。賃金の低さについては、日本の実質賃金が過去20年ほとんど変わっていないという事実が物語っているし、ワーキングプアという言葉が生まれる程である。

しかし、ここにきて転換期を迎えているような気がしている。今後、賃金は上昇する方向になってきていると思う。過去最高の失業率の低さや、求人倍率の高さも、その片鱗の一つなのではないだろうか。そして、今後、一部の勝ち組と大多数の負け組にはっきり分かれる格差社会に突入していくと、勝ち組がほしがる人材には、世界基準の高い賃金が支払われるようになるため、内需産業といえども、一部の勝ち組がほしがる人材の賃金はさらに大幅に伸びていくことになると思う。
我々の塗装業界でも、このような考え方をいち早く持ち、他社より先手で取り組みを行なっていかなければ、今後、良い人材を獲得することはできなくなるであろう。良い人材が獲得できないということは、会社の成長が止まることと同義である。

良い人材を獲得するためには、収益をしっかり出し、魅力のある会社にしなければならない。そのためにやるべきことは沢山あるが、これからの時代を生き抜くために他に選択肢があるとも思えない。

未来への危機感

2017年9月27日 at 4:41 PM

<2017年9月号アステックペイント定期発行物ホットラインの一部抜粋>

フィンテック、仮想通貨、ビットコイン、ブロックチェーンといった言葉が、ニュースや雑誌などを賑わせている。輸入や海外送金などに関わるビジネスをしていると、通貨の交換手数料や送金手数料などが大幅に削減されるビットコインを代表とする仮想通貨の普及には、物凄くメリットがある。為替変動リスクが無くなれば、当社のビジネスに格段の安定性がもたらされるため、私も仮想通貨には多少なりとも興味を持っていた。

仮想通貨の普及が、経済や社会に及ぼすインパクトは物凄いと思う。仮想通貨が普及するということは、中央銀行のような通貨発行機関が必要なくなることを意味する。通貨発行権を有する中央銀行を支配するために、これまで歴史のなかで何度も戦争が起こるほど、通貨発行権は権力の中心となってきた。そう考えると、国として最も大切な機能を消滅させる程のインパクトが仮想通貨にあるということが、過言ではないと分かるのではないだろうか。

仮想通貨の誕生の背景には、ブロックチェーンという新しいIT技術がある。ブロックチェーンとは、「取引の履歴を塊(ブロック)にして、その塊を鎖(チェーン)のように繋げていく仕組みであり、過去の取引履歴が一目瞭然となる帳簿のようなもの」と、何とも理解しにくいものだ。しかし、その仕組みを知っていようと知っていまいと、社会の水面下では、確実にこのブロックチェーンによる大きな変革が進み始めている。仮想通貨はブロックチェーンの技術を活用した一つの動きで、ブロックチェーンには、過去にインターネットがあらゆる経済を変革させてきた以上の激しい社会変革を起こすほどの潜在的インパクトがあるようだ。

仮想通貨だけでも、クレジットカード会社を消滅させ、銀行の決済業務を奪い取り、大量の銀行員のリストラを生み、日本銀行の通貨発行権や国の金融政策さえ無効にしてしまうだけのインパクトがある。そして、その余波は様々な産業にも確実に広がっていくだろう。もちろん、我々の塗料・塗装業界も無縁である訳はない。

とはいえ、今から何らかの対策を準備したいと思っても、何をして良いかわからない。できることといえば、商品やサービス向上のために努力し、経営者自らも成長し、社員教育などを今まで以上にしっかり行なうといった基本的なことで、それ以外は何も思いつかない。
予測できない未来について考えることに大きなストレスを感じるが、この危機感を持つ経営者と持たない経営者では、少しずつ見えてくる未来への対応スピードは変わってくるであろう。未来に対する危機感こそが、今の私の経営のモチベーションになっている。

小説『海賊とよばれた男』に学ぶ

2017年8月25日 at 10:54 AM

<2017年8月号アステックペイント定期発行物ホットラインの一部抜粋>

普段はビジネス書を中心に読んでいるが、長期休暇時には長編小説を読むようにしている。
好きな小説に出会うと、夜寝るのも忘れるくらい夢中になってしまい、読むのをやめられなくなってしまうため、小説は長期休暇の時に読むと決めている。

今回のお盆休みでは、読みたいのをずっと我慢していた、出光興産の実話をもとにした小説『海賊とよばれた男』を読んだ。将来、油(石油)が経済の中心になることを予見し、戦前に会社を立ち上げアジア全体に事業展開するも、終戦で全てを失い、終戦後に再び石油ビジネスに挑戦し、業界を牛耳る国際カルテルと戦いながら大きく成長していくといった話である。

感動の連続であった!
歴史好きな私は、第一次世界大戦から第二次世界大戦の背景などはこれまで色々な歴史書で勉強してきたが、『海賊とよばれた男』に描かれる石油ビジネスを通して、また違った視点で戦争の経緯や経済の動きを知ることができ、歴史の断片的な知識が繋がっていく感覚、とても楽しかった。

日本が太平洋戦争に突っ込んでいったのは、アメリカに石油を禁輸されたことが最大の理由であったことは様々な歴史書でも言われているが、実際に中国から東南アジアの隅々にまで石油を販売していた出光興産の実話をもとに歴史の一部を紐解くことができたことに、大変感動した。

二番目の感動は、出光興産の創業者である出光佐三さんの経営姿勢である。
経営者としての器や信念、未来を見る力、社員との信頼関係などには、考えさせられることが多々あり、自分自身の足りないところ、目指すところが見えてきたのも大きな収穫であった。

三番目の感動は、出光佐三さんが生産者から消費者に直接届けることで、中間搾取なく、良いものをより安く提供したいという強い信念を持っていたことである。問屋を通さないことで、人手が多く必要となり、非効率で、利潤も上げにくい。だが、信念として中間搾取のない商売をやりたいと会社を立ち上げ、生涯貫いている。
アステックペイントジャパンでも、問屋を通さない直販体制を信念として守り続けてきた。
塗料業界では当社が唯一の会社であろう。出光佐三さんの足下にも及ばないが、会社創業時の信念に共通点があったのはかなり嬉しかった。

戦後の日本経済の立役者の一人である出光佐三さんと、規模や器は違えど共通点が多々あり、出光佐三さんが石油業界や日本社会で実現しようとしていたことを、私も塗料業界で実現したいと、多くの勇気と元気をいただいた。