未来への危機感

2017年9月27日 at 4:41 PM

<2017年9月号アステックペイント定期発行物ホットラインの一部抜粋>

フィンテック、仮想通貨、ビットコイン、ブロックチェーンといった言葉が、ニュースや雑誌などを賑わせている。輸入や海外送金などに関わるビジネスをしていると、通貨の交換手数料や送金手数料などが大幅に削減されるビットコインを代表とする仮想通貨の普及には、物凄くメリットがある。為替変動リスクが無くなれば、当社のビジネスに格段の安定性がもたらされるため、私も仮想通貨には多少なりとも興味を持っていた。

仮想通貨の普及が、経済や社会に及ぼすインパクトは物凄いと思う。仮想通貨が普及するということは、中央銀行のような通貨発行機関が必要なくなることを意味する。通貨発行権を有する中央銀行を支配するために、これまで歴史のなかで何度も戦争が起こるほど、通貨発行権は権力の中心となってきた。そう考えると、国として最も大切な機能を消滅させる程のインパクトが仮想通貨にあるということが、過言ではないと分かるのではないだろうか。

仮想通貨の誕生の背景には、ブロックチェーンという新しいIT技術がある。ブロックチェーンとは、「取引の履歴を塊(ブロック)にして、その塊を鎖(チェーン)のように繋げていく仕組みであり、過去の取引履歴が一目瞭然となる帳簿のようなもの」と、何とも理解しにくいものだ。しかし、その仕組みを知っていようと知っていまいと、社会の水面下では、確実にこのブロックチェーンによる大きな変革が進み始めている。仮想通貨はブロックチェーンの技術を活用した一つの動きで、ブロックチェーンには、過去にインターネットがあらゆる経済を変革させてきた以上の激しい社会変革を起こすほどの潜在的インパクトがあるようだ。

仮想通貨だけでも、クレジットカード会社を消滅させ、銀行の決済業務を奪い取り、大量の銀行員のリストラを生み、日本銀行の通貨発行権や国の金融政策さえ無効にしてしまうだけのインパクトがある。そして、その余波は様々な産業にも確実に広がっていくだろう。もちろん、我々の塗料・塗装業界も無縁である訳はない。

とはいえ、今から何らかの対策を準備したいと思っても、何をして良いかわからない。できることといえば、商品やサービス向上のために努力し、経営者自らも成長し、社員教育などを今まで以上にしっかり行なうといった基本的なことで、それ以外は何も思いつかない。
予測できない未来について考えることに大きなストレスを感じるが、この危機感を持つ経営者と持たない経営者では、少しずつ見えてくる未来への対応スピードは変わってくるであろう。未来に対する危機感こそが、今の私の経営のモチベーションになっている。

小説『海賊とよばれた男』に学ぶ

2017年8月25日 at 10:54 AM

<2017年8月号アステックペイント定期発行物ホットラインの一部抜粋>

普段はビジネス書を中心に読んでいるが、長期休暇時には長編小説を読むようにしている。
好きな小説に出会うと、夜寝るのも忘れるくらい夢中になってしまい、読むのをやめられなくなってしまうため、小説は長期休暇の時に読むと決めている。

今回のお盆休みでは、読みたいのをずっと我慢していた、出光興産の実話をもとにした小説『海賊とよばれた男』を読んだ。将来、油(石油)が経済の中心になることを予見し、戦前に会社を立ち上げアジア全体に事業展開するも、終戦で全てを失い、終戦後に再び石油ビジネスに挑戦し、業界を牛耳る国際カルテルと戦いながら大きく成長していくといった話である。

感動の連続であった!
歴史好きな私は、第一次世界大戦から第二次世界大戦の背景などはこれまで色々な歴史書で勉強してきたが、『海賊とよばれた男』に描かれる石油ビジネスを通して、また違った視点で戦争の経緯や経済の動きを知ることができ、歴史の断片的な知識が繋がっていく感覚、とても楽しかった。

日本が太平洋戦争に突っ込んでいったのは、アメリカに石油を禁輸されたことが最大の理由であったことは様々な歴史書でも言われているが、実際に中国から東南アジアの隅々にまで石油を販売していた出光興産の実話をもとに歴史の一部を紐解くことができたことに、大変感動した。

二番目の感動は、出光興産の創業者である出光佐三さんの経営姿勢である。
経営者としての器や信念、未来を見る力、社員との信頼関係などには、考えさせられることが多々あり、自分自身の足りないところ、目指すところが見えてきたのも大きな収穫であった。

三番目の感動は、出光佐三さんが生産者から消費者に直接届けることで、中間搾取なく、良いものをより安く提供したいという強い信念を持っていたことである。問屋を通さないことで、人手が多く必要となり、非効率で、利潤も上げにくい。だが、信念として中間搾取のない商売をやりたいと会社を立ち上げ、生涯貫いている。
アステックペイントジャパンでも、問屋を通さない直販体制を信念として守り続けてきた。
塗料業界では当社が唯一の会社であろう。出光佐三さんの足下にも及ばないが、会社創業時の信念に共通点があったのはかなり嬉しかった。

戦後の日本経済の立役者の一人である出光佐三さんと、規模や器は違えど共通点が多々あり、出光佐三さんが石油業界や日本社会で実現しようとしていたことを、私も塗料業界で実現したいと、多くの勇気と元気をいただいた。

バンコクオフィスでの反省会!

2017年8月23日 at 9:16 PM

今日はバンコクオフィスでの反省会!!!

数多くの工事現場を同時並行で進めていながら、雨季の影響もあるが、結局多くは工事が延び、売上も入金もドンドン遅れてしまっている。屋根でタバコ吸っているとか、二日酔いで現場入場とか、多くのクレームもあがっている。
様々な見直しを施工管理チームのリーダー達と行い、そして夕ご飯に行く。

食べ放題のシャブシャブ屋であるが、驚く程の皿を注文する。普段はあまり食べないのに、食べ放題の店に来ると信じられない程食べるのも「タイあるある」である。
現在職人40名体制を100名体制になることを想定して、多くの議論を行った!様々なヒントが出てきた。
2018年のアステックタイランドはもっと進化していくであろう!!

21034237_1584462574973416_2362598459380557576_n

20953750_1584462671640073_4235665939718366089_n

21077258_1584462768306730_6667600706037161185_n