代表メッセージ

塗装業界にイノベーションを。

SP&Sグループは
建築用の特殊塗料の輸入、研究開発・製造・販売、
安心と高品質な塗装工事を消費者に提供する支援、
塗装業界のIT化を推進し、業界の発展に尽力します。
代表の写真
SP&Sグループ代表|菅原徹

日本の住宅の寿命は、欧米の約3分の1、およそ30年と言われます。そのため“人生で一番大きな買い物”とも言える新築を購入しても、一生を終える前に、別の住宅などに移り住まなければならなくなることも少なくありません。

また、住宅寿命が短命であることは、環境にも深刻な影響を与えます。住宅の建て替えの際に発生する建設廃棄物は、産業廃棄物のなんと約20%を占めているのです。

こうした日本の住宅の課題と向き合い、『塗り替え』による住宅の長寿命化に貢献したいという想いから、アステックペイントジャパンを立ち上げました。はじまりは、建物の長寿命化に特化した塗料を取り扱う、オーストラリアのアステックペイント本社の日本総代理店としてのスタートでした。

そして、これまで、住宅を長く守るという性能に優れた特殊塗料を多数販売してまいりました。さらに、オーストラリアのアステックペイント塗料を取り扱うだけでなく、自社での塗料の研究・開発にも成功。業界では唯一の塗装会社への直販体制を構築し、塗装会社に最も近い塗料メーカーとして、お客様に真に求められる塗料を提供すべく邁進しています。

さらに、安心と高品質の塗装工事を全国へ広めるために、全国の優良塗装店で集結したフランチャイズ組織、プロタイムズを発足。プロタイムズ・ジャパンはフランチャイズ組織の本部を担っています。「家族の想いを塗っている」をスローガンに、全国の優良塗装店と二人三脚で高品質塗装工事を提供しています。

そして、アステックペイントジャパンとプロタイムズ・ジャパンの「情報システム」「企画」を強化すべく、SP&Sを設立しました。SP&Sグループ、さらには塗装業界全体のIT化を推進すべく、ITシステムの開発やメディアの活用に力を注いでいます。

--
今後もSP&Sグループは、株式会社アステックペイントジャパン、株式会社プロタイムズ・ジャパン、株式会社SP&Sの3社が一丸となり、これまで業界になかった、まったく新しい事業形態で、塗装業界の発展のために一層の努力を重ねてまいります。

【プロフィール】
東京生まれ。映画「ウォール街」に憧れ、18歳で渡米、ニューヨーク州立大学を卒業。
帰国後、投資顧問会社で金融コンサルティングの業務に携わる。商社に転身後、縁あってアステックペイントと出会い、30歳で独立。福岡の利便性にほれ込み、2000年、オーストラリア塗料メーカーの日本総代理店「アステックペイントジャパン」を福岡にて創業。2009年には業界初の塗装フランチャイズネットワークとなるプロタイムズ・ジャパンを設立。2011年、塗装業界のIT化を促進させるためSP&Sを設立。2013年には、東南アジアでアステックペイントを広めるため、アステックペイントタイランドを設立。

ページトップへPAGE TOP