福岡市動物園(福岡県 福岡市中央区)地域の子どもたちと一緒にレッサーパンダ舎を塗替え!

福岡市動物園のレッサーパンダ舎リニューアルに関わらせていただきました。
今回の塗装は、地域の皆様にとって、福岡市動物園での楽しい思い出にしていただけるよう、地域の保育園の園児たちとその親御さんに参加いただけるイベントとして開催!

福岡市動物園を訪問

  • 福岡市動物園を訪問01
  • 福岡市動物園を訪問02

福岡市動物園が、2006年に開始した20年に及ぶ動植物園の全エリアのリニューアル計画で多くの動物舎を改修している最中であることを知り、地域貢献の一環として動物舎の塗替えを通して、リニューアルに関わらせていただきました。
塗装する動物舎を選ぶ際には、動物園の職員さんたちと相談するために福岡市動物園を訪問いたしました。
動物園の訪問を通して、耐久性自体には問題なくとも外観に劣化が目立つ動物舎があるという悩みがあることがわかりました。しかし、それらの動物舎の改修は数年先の予定となっていたのです。
そこで、当グループの職員と動物園の方々と相談を重ねた結果、多くの動物舎の中でも今回は多くの来園者に人気の動物園の顔といえるレッサーパンダ舎を改修することになりました。

塗替え前のレッサーパンダ舎

  • 塗替え前のレッサーパンダ舎01
  • 塗替え前のレッサーパンダ舎02

今回塗装させていただいたレッサーパンダ舎は、築15年が経過しており、耐久性に問題はないものの汚れや雨だれ、カビなどが目立っていました。

レッサーパンダ舎の改修のための綿密な打ち合わせ

レッサーパンダ舎の塗替えに際して、レッサーパンダのイメージに合い、周囲の建物との調和を保つためにどのような色で塗替えを行なうかといったことや、レッサーパンダのストレスにならないようにするためにどのようにして施工期間を短くするのか、ということを決めていくために綿密な打ち合わせを行いました。
特に色を決定していく際には、来園者の方々にレッサーパンダの「マリモちゃん」との交流を楽しんでもらえるよう、塗替えによって主役である「マリモちゃん」よりも動物舎が目立つことのないように細心の注意をはらい、カラーコンサルタントの方と何度も打ち合わせを重ねました。

塗替え中の様子

  • 塗替え中の様子01
  • 塗替え中の様子02

今回のボランティア塗装は、ただ塗装するだけではなく、塗装を地域の皆様にとって福岡市動物園での楽しい思い出にしていただけるように、動物園の塗装を毎年遠足で動物園を訪れる地域の保育園の園児たちと、その親御さんに参加していただけるイベントとして開催いたしました。
プロタイムズ塗装店の職人がサポートしながら、園児たちと、その親御さんにも塗装していただいたところ、園児たちは、初めての塗替えを楽しんでいました。

  • 塗替え中の様子03
  • 塗替え中の様子04

プロタイムズでは、塗装も思い出の一部にしてほしいという想いから、上塗り前の壁に施主様に好きな通りにメッセージを書いていただく「感謝の壁」という活動を行っています。
今回のレッサーパンダ舎の塗装でも「感謝の壁」を実施いたしました。園の職員の方々は、笑顔でメッセージを書かれていました。

塗替え後のレッサーパンダ舎

  • 塗替え後のレッサーパンダ舎01
  • 塗替え後のレッサーパンダ舎02

塗装によって、レッサーパンダ舎は新しく生まれ変わりました。
汚れがつきにくい塗料を使用しているため、福岡市動物園を訪れるお客様たちが動物園を今まで以上に長い間、楽しんでもらえるようになっています。
今回のボランティア塗装は、「他の箇所も機会があったらぜひ塗装して欲しい」と動物園の方におっしゃっていただけるほど満足していただけただけでなく、福岡の地域のテレビ番組でも取り上げられるほどの反響を呼びました。

今後もプロタイムズは、塗装を通して、動物の保護施設の支援を全国で実施してまいります。
集合写真
ページトップへPAGE TOP