最大規模を誇る工場に入り込むチャンス

2017年7月27日 at 1:37 PM

アマナタコーン工業団地でも最大規模を誇る工場に入り込むきっかけが出来そうだ!
屋根面積は、推定10万平米以上はあり、工場内には7-11まである。

今回は、雨漏れが止まらないということで、診断する機会を得たが、
屋根には既に他の業者が安全対策無しに、そして金属屋根にFRPで施工している。

こんな人達には負けられない(安倍首相の言葉引用)という表現が頭をよぎった!

20376150_1557644430988564_5276993025341946538_n
20376090_1557644454321895_929824169209941243_n

16830795_1557644477655226_4494443503017616284_n

20375741_1557644554321885_1040528884102655391_n

20375861_1557644504321890_4659711159991366632_n

自身の成長を見つめる

2017年7月25日 at 9:45 AM

<2017年7月号アステックペイント定期発行物ホットラインの一部抜粋>

最近、自分にがっかりすることが多い。色々なことが空回りしているような感じだ。

会社の業績は日本もタイも悪くない。事業には明確なビジョンがあり、ビジョンの実現に向けてあらゆる手を打っており、未来が楽しみな程である。

にもかかわらず、自分にがっかりしているということは、上手くいっている周りの環境に私個人の成長が追い付いていない、ということなのであろう。社長の器で会社の規模が決まると聞いたことがある。もしかすると、私は自身の器の成長が止まっていることにストレスを感じているのかもしれない。このままでは、ビジョンへと近づくにつれ自分自身が押し潰されてしまうのではないかといった恐怖心さえ生まれてきそうな気がしている。

このような時は、本を読むに限る。本は裏切ることなく、必要なタイミングで必要なことを教えてくれる。
自身の成長が止まっているように感じたときには、Amazon や本屋で新しく買う本ではなく、自分の本棚に置いてある既に読んだことのある本から学ぶことが多い。以前読んだときには大して何も感じなかった内容が、今だからこそ心に突き刺さることも多々ある。

毎年、そこそこの数の本を買い、本棚に置いていく。そして、一年に一回程、段ボールにまとめて破棄することを繰り返し、捨てられない本だけが自然と本棚に残っている。

今回は、17年前のアステックペイント創業時に、サラリーマン時代にお世話になった社長からプレゼントしていただいた本を読み返してみた。今だからこそわかることが多々あり、創業時の原点に立ち返りながら、自身の反省点をあぶり出すこともできた。

アステックペイントタイランドを立ち上げてから、日本とバンコクを行き来することが多くなり、生活リズムを上手く作れず、本を読む時間が激減してしまった。自身の成長を止めないためにも、しっかりと本を読んでいこうと思う。

バンコクオフィスで行う営業会議に参加!

2017年7月18日 at 6:01 PM

今日は、バンコクオフィスで行う週間の営業会議に参加!

強見込み案件の確認が中心となるが、現状1万平米クラスの現場3件程を含めて、
10件以上の現場が同時並行で進んでいる。
さらに大型案件が目白押しとなってきた。
そして最近は、相見積もりになっても、負けることがなくなってきた。
現場でのクレームもほとんど無くなってきた!

実力が付いてきたことを実感する、やはり来年は違うステージに立つ時期なんであろう!!!

20106335_1548041205282220_2399709439907927571_n