ビジネスマンの最強仕事術

2018年1月25日 at 1:19 PM

<2018年1月号アステックペイント定期発行物ホットラインの一部抜粋>

“毎朝同じ時間に起きて、毎晩同じ時間に寝るという規則正しいリズムで生活を送り、タバコやお酒はほどほどにして、多少の運動をすることが健康の秘訣”のような話をよく聞く。
規則正しいリズムで生活をしていると、仕事においても、集中力が増すなど、良い影響があることは間違いない。

しかし、私は真逆の生活を送ってしまっている。
最大の原因は、タイと日本の二重生活を送っていることにある。よく、こういった会話をすることがある。

 相手「日本とタイとの時差はどのくらいですか?」
  私「2時間なんですよ」
 相手「それなら、まだいいですね」
  私「そうですね」

しかし、この2時間が曲者なのである。そのことに気づくのに、3年かかった。例えば、タイから日本に戻ったとき、夜12時に寝ようと思っていたとする。しかし、日本では12時になっていても、タイ時間では10時のため、あまり眠くない。そのため、ついつい夜ふかしをしてしまう。そして、翌朝8時に会社に行こうと思うのだが、タイ時間ではまだ6時なのでかなり辛い、ということになる。この時差2時間が緩和される頃には、またタイに戻ることになる。そんな生活を4年以上、毎週もしくは隔週繰り返していると、生活リズムが崩れ、体のリズムも作れなくなってくる。数年前、上手く体のリズムが作れなくなり、全てが悪い方向に向かっているような感覚に陥り、自分自身に対する危機感を覚えたこともあった。

体のリズムが作れなくなって顕著に表れたのが、読書量の激減であった。緊急ではないけれど重要な時間として、本を読むためのリラックスした時間を捻出する習慣があると、一定数の本を読むことができる。
しかし、生活リズムが崩れがちな今、なかなかそういった習慣をつくることができていない。

そうは言っても、タイと日本の二重生活はしばらく続ける必要がある。そんな状況のなか、長い移動時間と、2時間という時差を克服する鍵は、「体力」にあるという結論に至った。
ビジネスマンの仕事術を3階層のヒエラルキー(ピラミッド型階層)で表現すると、底辺が「体力」、真ん中が「専門分野のスキルと経験」、頂点が「人格と想い」になるというような話を聞いたことがある。つまるところ「体力」が仕事の基礎であり、仕事の全てを支えている要素であると言うことだろう。

最近、体力づくりをはじめ、自分自身でも変化を感じている。今も決して規則正しい生活リズムではないが、体のリズムを崩してしまうなどの多くの悪影響を「体力」が消し去ってくれているような気がしている。

プロ野選手は、オフシーズンに、いかに走り込みをして体力をつけるかで、長いシーズン、活躍できるかどうかが決まると聞く。ビジネスマンとしてエンドレスに続く仕事に勝ち続けるためには、結局は「体力」なんだと、47歳になって改めて気づいた。

タイ人社員との面談ラッシュ

2018年1月19日 at 8:58 PM

バンコクに戻り、タイ人社員との面談ラッシュ。
昨日、今日で事務所、現場、倉庫と渡り歩き、社員約20名との面談で本当に疲れ果てた。

今月は過去最高記録の売上〔完工ベース〕で、1,300万バーツ〔円換算4,000万円、日本価値で月商1億2,000万円〕が確定。職人70名体制で、かなり実力が上がってきた。

昨年からの退職率も激減。今年の目標の現場品質向上もかなり現実的になってきた。
新事業を立ち上げ、タイで異次元の塗装会社を絶対に作るぜ〜!

26907933_1736184623134543_5429310955050593217_n

沖縄出張

2018年1月13日 at 1:27 PM

今日より沖縄。極寒の雪降る福岡から寒くない沖縄は天国に感じる。

そして、いつものヤギ汁ランチ。

沖縄での平均滞在時間は16時間。ヤギ汁を食べに行くための移動と食べる時間で3時間、
メンバーとの打ち合わせ2時間(これが主目的)、夕御飯2時間、ホテル滞在時間8時間(飲み時間含む)、他移動時間1時間と考えると、睡眠を除くと沖縄で最も費やす時間が長いのは
ヤギ汁の為と判明。

ヤギ汁を食べた後は、近くにプロタイムズ沖縄中央店が超低汚染塗料リファインで施工した
物件を見に行く。2年経過しているが、全く雨筋がない。汚染が厳しい沖縄で2年で雨筋汚染
ゼロは奇跡に近いと感動中。

26733925_1729372797149059_893221993800452813_n

26814888_1729372793815726_5284404803302876577_n

26903810_1729372790482393_3155750516131797477_n