プロタイムズ新ブランド登場

2013年6月25日 at 10:36 AM
プロタイムズの設立から早4年。
ようやく自信をもって、全国最強の塗装集団と言えるようになってきた。
プロタイムズの過去4年間の加盟店売上推移は、
 2009年  1億2千万円
 2010年  8億4千万円(702%増)
 2011年 22億7千万円(269%増)
 2012年 40億5千万円(178%増)の実績となり、
昨年だけでも、4000棟以上のお客様に塗装工事を提供させて頂き、9000棟以上の建物診断を行っている。
そして、今年2013年は60億円(148%増)を見込んでいる。
過去4年間で、多くの失敗と試行錯誤を繰り返しながら、確実に前進し続けてきた。
そして、今年度は7月1日より新ブランドを投入することとなった。
シンボル(外壁さん).jpg
なぜキューピーか?と聞かれると、非常に長いストーリーがある。
ただ分かり易い表現で言うと、キューピーは100年前に生まれて、今でも世界中から愛されているキャラクターである。我々が目指す「塗装で守る 三世代100年の家」にも通じ、我々も100年経っても愛される組織であり続けたいという意味も込められている。
2014年はこのブランド効果も期待して是非とも売上100億円を目指したい。

理由は、もっともっと多くのお客様に我々の最高の塗装サービスを知って頂きたいからである。

バンコク新事務所へ入居

2013年6月13日 at 4:50 AM
昨年の11月より、設立準備のため毎月バンコクに訪問し、試行錯誤しながら準備を行ってきた。
ついに、成功の為の一つの必須条件である最良の拠点設置も完了した。

opus801.jpg

正直、ホッとしている。今まで、バンコクに訪問してきても、仕事はJETROの準備室をお借りしてはいたが、やはりなかなか落ち着かない中、ホテルで仕事をやることも多かった。
新事務所の場所は「トンロー」という場所で、日本人が多く住み、今やバンコク若者にとっても、最もお洒落な街と言われるような場所である。日本で例えると、東京の代官山といった感じだと思う。

oshare.jpg

事務所もなかなかお洒落で、かなり気に入っている。近くには、ドイツレストラン、北京ダックレストラン、ワインレストラン、スターバックス、もちろん沢山のローカルな屋台、数え切れないほどの日本式の居酒屋があり、食事には事欠かない。食いしん坊な私には最高なロケーション。

starbucs.jpg

事務所の部屋は、なんと・・・家具付き。
こんな有り難いことはない。初期投資をだいぶ抑えることができた。

jimushonaka.jpg

「会議が趣味」と言われる私にとっては、会議室は何よりも重要。そしてこの部屋には会議室も設置されていたこともポイントが高い。今後、入社してくるタイ人の従業員は、私の会議地獄の洗礼を受けることになると思うが、どのような反応をするのか?今から楽しみである。

kaigisitu.jpg

家具付きで机が沢山並んでいることは有り難いが、タイ人従業員の入社予定は9月からとなるので、7月と8月の二ヶ月は私一人でこの部屋を使うことになる。寂しがり屋の私がその孤独に耐えられるか?・・・今から心配である。
そして、夜はバンコクでのビジネスパートナーとなるFIATと食事を行い、そして夜遅くまで我々の未来のビジネスについて熱く語り合っていた。FIATの熱さも半端ではなく、途中からはお互いにクールダウンしようと熱く励まし合っていた。
そして、6月11日の夜、12時を過ぎる頃に、突然にサプライズのケーキのプレゼント。
facebookの力は凄い。昔からの仲間のような気がしてきた。
素晴らしい仲間に巡り会うことが出来た。

fiatcake.jpg

こいつとなら、頑張れるというパートナーであろう。
私の人生、いつも人の出会いは最高に恵まれている。
バンコクでも良いスタートが切れそうな気がしてきた。

プロタイムズ経営者企画会議の開催

2013年6月9日 at 10:51 AM
先週は、プロタイムズのオーナー向け経営者企画会議が全国三会場で開催された。

福岡、東京、名古屋での3会場を1週間でまわり、約80社以上のプロタイムズ経営者様に今後の方針をお伝えさせて頂いた。
zentai_201306.jpg
会議の内容は、前回の経営者企画会議から半年が経過しており、過去半年の活動と実績報告をさせて頂いた。

過去半年間だけでも、数多くの取り組みを綿密に組み立てノウハウ化してきた。それぞれの手法が一元的に体系化され、実践の中でもそれなりに数字が上がってきた。

それらの成果にさらに相乗効果をもたらしながら画期的に数字を向上させるために、新ブランドの投入を決定し、その発表をさせて頂いた。新ブランドでの展開は7月1日よりスタートすることになる。


プロタイムズにとって、大きな転換期になるであろう。

現時点で、全国で88店舗が活動していることになるが、プロタイムズでの全国売上はまだ50億円ほどである。この売上を一気に100億円まで持ち上げるのが、今回のブランド戦略の一つの目的となる。

年間4000棟以上の塗装工事を行っているが、もっともっと多くのお客様に最高品質の塗装工事と最高のサービスをご提供することで、住宅リフォーム市場の健全化に貢献できると思っている。まだまだ消費者のリフォーム業者に対する不信は強く、未だ多くの消費者は悪質リフォーム業者から騙され後悔している。

リフォーム市場の健全化のため、塗装業界の発展のため、我々の使命として全国隅々までプロタイムズを広げていきたいと思っている。


ただ、実質4日間の中で3会場でそれぞれ3時間以上熱弁をふるい、更に夜の懇親会ではさらにヒートアップして熱く語ってきたため、流石に喉はガラガラになってしまった。
kojinn_201306.jpg

今日からバンコクへ移動。東南アジアのエネルギーをもらいながら、アジア進出の最終準備を今月で終わらせる予定。まだまだやるべき事は沢山あるが、益々エネルギーが沸いてくる。