冬期休暇入り

2012年12月27日 at 7:53 PM
年末まで働いている方には大変恐縮ではあるが、私は毎年早めの休みを取り、海外旅行に家族で行くようにしている。
これは、創業の翌年から毎年実践しており、どんなに苦しい時期でも必ず実行してきた。
妻が妊娠中でも、子供が0歳の時でも、必ず子供を3人連れて海外に一緒に連れて行った。一番大変だったのは、長男が5歳、次男が2歳(魔の二歳とも言われる時期)、三男が0歳であった。この3人を連れて海外へ行ったのは、ある意味苦行のような大変な旅であった。
子供が小さいため、飛行機での移動時間が短い東南アジアを中心に旅行するが、東南アジアはまだ発展途上国のため、不測の事態がよく発生する。小さな子供を両脇、背中に抱えながら、東南アジアの理屈では理解出来ない風習に立ち向かうのはとてもエキサイティングであった。
しかし、10年以上も続けてきている中、小さな三男もそれなりに大きくなり、旅先で苦労することはなくなり、かなりゆったりした時間を過ごせるようになったことはかなり喜ばしい。
創業の翌年に、初めて長めの冬期休暇を取ったときは年末年始も含めて1週間ぐらいだった。これでも、「こんなに長く休んで会社は大丈夫だろうか?」、「会社は潰れないであろうか?」、「お客さんに怒られないであろうか?」、色々心配事も多かったことを思い出す。
それから少しずつ休みを長くし、今年も過去最長記録の冬期休暇をとった。具体的な日数は怒られそうなので控えることにする。
10年前と違い、今はインターネットと携帯があれば、自由にやり取りが出来るので、以前ほど海外に滞在することでの仕事上の苦労は減ってきている。大変有り難いことである。
私にとっては、長い冬期休暇を取ることが、仕事上で公私共々大きなメリットにもなっているので、来年以降も継続していくであろう。
ホテルの部屋から見える風景
heya.jpg

環境悪の実践

2012年12月24日 at 9:14 AM
地球環境に優しい人間になりたいとは思っている。

可能な限りでは、環境に対して配慮してきているとは思っている。


しかし、確実に環境に悪いと分かっていながらも、環境悪を継続して実践していることがいくつかある。

神様には、「他で頑張るから少しだけは許して」と心の中で祈っている。


目立ったもので考えると、まず私の車である。スピード狂の私にとって車は速くなくてははならない。アクセルを踏んだ分だけ加速しないものはストレスを感じさせる。

会社の営業車は、ほぼ全てプリウスに入れ替えたけど、私の車は燃費がとても悪いパワフルな車で日常の移動でストレスを与えることが無い素晴らしい乗り物である。


もう一つ、いつも罪悪感を感じながら、環境悪を実践していることがある。
それは「本」の
処分である。本は日々増えていくので、読んだらすぐに捨てるようにしている。特に移動中には本を持ち歩き、新幹線で降りたら捨て、飛行機で降りたら捨てる、というのは日常的な行動である。

本当は古本屋等に持っていけば再利用され環境には良いことはわかっているが、すぐに溜まってしまい大量の本が積み重なると処分が益々大変になり、面倒臭くなってしまう。

かといって、本を人にあげる気になれない。本との出会いとタイミングは重要だと勝手に思っているので、どの本をどのタイミングであげるかというのはとても難しい。

結局、本は読んだらすぐにゴミ箱に捨てるようにしている。そして本の置き場所は、会社に一つ、自宅に一つと本棚の数を決めている。本棚を増やすと本が際限なく溜まってしまうからである。


このようなことを行いながらも、一年に一度最も罪悪感を感じる瞬間がある。年末の掃除の時に、家の中からなぜか湧き出てくる捨てるべき本を積み上げた瞬間である。


hon.jpg

日々心掛けていてもこの有様である。そして、毎年神様にゴメンナサイと心の中で言いながら、捨てていく年末のある出来事であった。

2013年の準備

2012年12月21日 at 10:00 AM
来年2013年は重要な一年になりそうだ(毎年言っているが・・・)。
先日、社内会議の中で、2013年の位置づけを時系列で説明した。
2000年創業~2010年の10年間を創業期と位置付けた。何も無い状態から、一つ一つ手作りで作ってきたという感覚であった。
◇家内を含めて3人でのスタート
◇塗料業界初の工事店への直販体制が生まれた
◇東京営業所、大阪営業所が立ち上がった
◇塗料業界初のフランチャイズ「プロタイムズ」が立ち上がった
◇新卒を採用しはじめた
◇加盟店様、社員の組織が大きくなり始めてきた
◇2008年位から毎年130%以上の成長を維持出来るようになった
創業してから10年経った段階で、ようやく創業時にやりたかったことの体制が整ったという感じであった。
そして2011年から「NEXT ASTEC~次の10年~」というスローガンを掲げ、10年後の目標設定を行った。
2011年からの2年間は、本社および工場を移転し、企画部門、管理部門、情報シ