新卒の面接終了

2012年5月29日 at 6:01 PM

 

2013年4月入社予定の新卒採用の最終面接が全て終わった。

 

履歴書.bmp
 
5月だけでも30名近くの学生と会い、一人最低1時間以上の
みっちり白熱した面接を行い、毎日がクラクラになるほど疲れた
1ヶ月であった。

学生の熱いエネルギーにいつも圧倒されながら、私も本気で話し
合いを行うので、一日3名も面接を行うと、他の仕事は何も出来
なくなる程疲れ果てる。

この30名は既に3回ほどの面接をクリアして厳選された方々で
あり、最終的には約10名程の方々に内定を出すのだが、来年から
一緒に働くことが出来ると思うとワクワクしてくる。

当社の未来を創るのはこれから入社してくる若者であり、その若者
のために「来年4月までにもっと良い会社にして」迎え入れたいと
いう想いが強くなる。

 

5月は採用活動でほとんど出張等も行けずにいたが、学生からも
らった強いエネルギーを元に、6月からはガンガン外に出向いて
活動をしていきたいと思う。

ネクスト・ソサエティ

2012年5月10日 at 7:06 PM

 

昨日、社外の方と今後の事業の展開について色々議論をしていたら、
急にP・F・ドラッカー著の「ネクストソサエティ」の本のことを
思い出した。

そこで昨晩、自宅の本棚を探してみた。毎年、年末になるとダンボール
数箱分の本を廃棄しているので、もしかしたら捨ててしまっているので
は、と心配になりながら探していたのだが、ちゃんと保管してあった。

next society.jpg
 
10年以上前に発売された本であり、多分、発売直後に購入していたと
思う。

10年前の当時からすると、あまりにもかけ離れた未来の話が書いて
あったので、当時は内容をよく理解できないまま、読んでいたと思う。


しかし、今読むと、最近発行したばかりの本かのように、全てを見事
に当てている。

日本の問題についても、既に10年以上も前に、日本を運営しているのは
官僚であり、その官僚による制度疲労が多くの問題を起こしている事を
指摘しており、さらにその問題を先送りをし続けるであろうことも指摘
している。

凄すぎる。

さらに、インターネット革命前から、ITによる社会的変化なども長々
説明しており、その上、今社会を混乱させている金融危機の指摘、そし
グローバル経済の動向など、今読んでも新鮮なことばかりである。

その中で、世界的な人口変動の流れの中で、コミュニティのあり方の
変化により、NPO(非営利団体)の役割の重要性など、今社会で議論
されている事も何度も強調されている。



ドラッカー氏が見ていた未来を、もう少し理解できるように努力したい
と思う。