マーケティング講義

2011年10月25日 at 1:01 AM

プロタイムズ・ジャパンが日本フランチャイズチェーン協会(以下、JFA)
の準会員として加盟した。現在1200社以上にも及ぶフランチャイズ組
組織の中で、わずか100社超の企業しか正・準会員として加盟されていない。

jfa.jpg

この時代においても、フランチャイズチェーンの末端売上は21兆円と昨年比よりも売上を5%以上を伸ばしており、フランチャイズシステムの強さを実感するばかりである。

jfa_anke.jpg

JFAとは、フランチャイズが持つ合理性と革新性によるシステムにより、
業界を問わず発展し続けており、その強力な制度を健全に運用する為に発足された組織である。正会員にはセブンイレブン、日本マクドナルドなどそうそうたる企業が名を連ねている。

社会的にも、健全なる運営を目指すプロタイムズジャパンとしても、正会員になるべく申請をしたが、急速に加盟店を増やしてはいるが、まだ実績不足のため準会員として加盟することができた。

大変名誉なことである。

そして、加盟後、早速ではあるが、会員としての様々な研修に参加させて頂いている。大変勉強になる講義ばかりである。その講義の中の多くは、法的な講習が含まれているが、一部マーケティングの講義も含まれており、興味深く勉強させて頂いた。

マーケティングに関しても多種の講義があり勉強になった。

jfa_siryou.jpg

しかし、ある東京の一流大学の大学院教授の講義はちょっと疑問であった。その講義で説明されていた「サービスの定義」とは、「サービスとは、人、モノ、情報といった特定の対象に働きかける価値生産的な変換の活動またはプロセスそのものである。」と説明されていた。

この説明を20分程、聞いたが、結局良くわからなかった。

○「サービスとは、人、モノ、情報といった」⇒「といった」とはどういう意味で使われているのか?

○一般的に「人、モノ、金」と言うが、「情報を加えて、金は情報に含まれるのであえて省いた」という説明があったが、「金」を省いたほうがわかりにくい気がする

○「特定の対象に働きかける」⇒わかりにくいがギリギリ理解可能

○「価値生産的な変換の活動」⇒何を言いたいのかさっぱりわからない

○「プロセスそのもの」⇒「そのもの」とはどういう意味で使っているのか?

「サービスの定義」というとても大切な定義を、このようなわかりにくい定義にして、その後の議論についてこれる大学および社会人の生徒はいるのであろうか?

実際、この教授の話を3時間ぐらい聞いていたが、何を言いたいのか、よく理解出来なかった。

仮に、大学院で学生や社会人が学ぶ場として、このような講義が展開されているのであれば、私自身ちょっと残念な気がする。学生時代の成果が全く上がらなかった英語の授業と同じような講義が、最先端の情報が飛び交うはずのマーケティングの授業で展開されているのではと勝手に心配になった。

もしくは、私の回転が頭が悪く、単についていけなっただけかもしれない。いつか、この教授に、私の率直なる疑問を聞いてみたいと思う。

マーク社長、来日

2011年10月14日 at 11:42 AM

オーストラリアから、アステック社代表のマーク社長が来日した。

mark shoumen.jpg

約一年ぶりとなる。滞在期間は4日間。その間の、会議時間は50時間
を超えたであろう。下の写真は、工場内の実験室での打ち合わせ風景。

uchiawase.jpg

スーツが嫌いなマーク社長は、やはり作業着で来日。そのまま、シャワーも浴びることなく、カフェでランチを食べようと思いきや、食事もソコソコ、塗料開発の話となった。

それから、延々50時間にわたる打ち合わせが続いた。

極めつけは、最終日。工場での打ち合わせが終了後、社員と共に交流を深めるために夕食に出かけ、その後ホテル近くのカフェに移動。そこで、3時間の塗料談義。

すでに夜の11時。それからホテルに移動途中で、話が始まり、道端に座り込み塗料談義が続いた。話が最終的に終わったのが、朝の1時過ぎ。

このようなことは、過去13年間の付き合いの中で、いつものことだが、
やはり塗料に対する情熱はいつも圧倒される。

今回の打ち合わせで、
○主力商品EC-2000の性能アップおよび艶消しの登場
○カラーベスト及びサイディング用の造膜系シーラーの登場
○そして、屋根用の超耐候性塗料の開発
○木部用塗料
などなど、来年は新商品ラッシュになりそうです。

そして、今回の打ち合わせの中心は、一部の塗料を日本で製造することが決定された。私のかねてからの念願であった。塗料製造のために、今まであらゆる準備をしてきた。そして工場の移設も行った。

ついに、今後日本で塗料の製造が2年以内にスタートする。もちろん、
急ぐことなく、出来る範囲で確実に行っていきたい。

アステックペイント加盟店様訪問

2011年10月7日 at 3:24 PM

先日、東京の松田ホームサービスさんにお伺いした。

松田社長とは、長いお付き合いとなり、私の記憶では契約を行ってから
6年以上が経過して、今尚、多くのご注文を頂いている。

近年では大型物件などでアステックペイントを採用頂き、アステックペイントの年間チャンピオンにもなられた経歴を持たれる。

今回、久しぶりにお伺いさせて頂きましたが、事務所内を見させて頂き、
大変ビックリした。

なぜなら、事務所内が、アステックカラー一色であったからである。

壁一面がブルーで、

kabe.jpg

アクセントにレッドをもってきて、

tennjou.jpg

入り口近くは、アステックのポスター。

kabe2.jpg

大変ありがたいことである。

このような会社様と共に今後も末永く未来に向けて歩ませて頂きたい。

shuugou.jpg